白髪を美容室で染める

白髪は美容室で染めるのが良い?それとも…

白髪は美容室で染めるのが良い?それとも…

 

 

薬局やドラッグストアに行くと、自宅で手軽に白髪を染められるヘアカラータイプの白髪染めが売られています。
わざわざ美容室に行かなくても白髪を染められますし、何よりも白髪を染める費用を安く抑えられます。

 

ですが、市販で売られているヘアカラータイプの白髪染めには、髪や頭皮に強い刺激を与えてしまうという弱点があります。
どのような髪質の人でも短時間でしっかり染まるように、市販の白髪染めには強めの薬剤が配合されていることが多いです。
素人が自分で染めようとすることで、染まる色にムラができてしまい、白髪は隠れても髪の毛全体がいまいちな印象になってしまうこともあるでしょう。

 

ヘアカラータイプの白髪染めを使用して自宅で染めるよりなら、美容室やサロンにお願いしたほうが良いかもしれません。
プロの技術でムラなくきれいに染まりますし、髪や頭皮の悩みに合わせて、使用する薬剤を選んでくれる美容室もあります。

 

「どうしても美容室やサロンに行けない!」という人は、ヘアカラータイプの白髪染めではなく、白髪染めトリートメントを選んでみましょう。
ヘアカラータイプに比べて髪へのダメージが少なく、より安全に使用できます。

 

一般的な白髪染め

 

自宅で使用できる白髪染めと言えば、ドラッグストアや薬局で売られている“ヘアカラータイプ”のものをイメージするかと思います。
短時間でよく染まるように作られており、最近はクリームタイプのものや泡タイプのものなど、より使いやすさを追求した商品も増えてきています。

 

美容室やサロンで行う白髪染めと比較すると、金銭的にも安く抑えられることが多いので、ヘアカラータイプの白髪染めを使用している人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ヘアカラータイプの白髪染めは強めの薬剤が配合されていることが多く、繰り返し使用することで髪や頭皮に悪影響を及ぼす恐れがあります。
例えば、髪の毛の傷みです。
何度も繰り返しヘアカラーを行っていると髪が傷んでしまうのと同じように、ヘアカラータイプの白髪染めでも髪は傷みます。

 

また、ヘアカラータイプの白髪染めに配合されている「ジアミン」と呼ばれる染料は、頭皮に付着するとかぶれ・かゆみ・フケ・ピリピリとした痛みなどのトラブルを起こす可能性が高いです。
頭皮環境が悪化し、健康な髪の毛が生えてこなくなる原因となってしまうので、ヘアカラータイプの白髪染めを頻繁に使用することは避けたいですね。

 

 

白髪染めトリートメント

 

白髪染めトリートメントは、比較的安全性が高い白髪ケア商品であると言われています。
ヘアカラータイプの白髪染めに配合されている「ジアミン」や、頭皮に悪影響を及ぼすアルカリ性の薬剤などは一切使われておらず、髪や頭皮に優しい成分が配合されているからです。

 

ヘアカラーではなくトリートメントなので、髪をきれいに保つための美髪成分が含まれている商品も多いです。
髪や頭皮に負担を掛けず、できるだけ安全に白髪を染めていきたいと考えるなら、ヘアカラーよりも白髪染めトリートメントをおすすめします。

 

ですが、白髪染めトリートメントにも弱点はあります。
刺激が少なく安全に使える反面、トリートメントを使い続けることで少しずつ白髪に色素を定着させていくので、ヘアカラーのように短時間で完全に白髪が染まるわけではありません。

 

そのため、「明日のおでかけまでに白髪を隠したい」「今週末のパーティーまでに白髪を染めてしまいたい」などの急な予定には対応できないかと思われます。
白髪をゆっくりとケアしていく時間がある場合は、より安全に、そしてきれいに白髪を染められるアイテムとして活躍するでしょう。
ヘアカラータイプの白髪染めで染まった色を、なるべく長く維持したいときに、白髪染めトリートメントで色を保護するという使い方もあります。