更年期は髪質も変化する

更年期に急激に変化する髪質

更年期

 

更年期は人によって異なります。

 

だいたい45歳から55歳程度の期間を指しています。

 

この頃になると体の変化や髪の毛の変化が生じる年齢と言われているのです。

 

人は加齢とともに老化していきます。

 

それは避けられません。

 

知らないうちに見た目でもわかるような変化が出てくるので、本人が自覚すものです。

 

髪も体と同じように老化していきます。

 

これは自然な事で誰にでも同じように起こるのです。

 

髪の老化なんて思いもしなかったという人が多いことでしょう。

 

 

更年期による身体の変化

 

更年期になると、人によっては自律神経失調症やうつ病など精神症が多く発症されてきます。

 

特にうつ病は更年期の30%程度の女性に見られます。

 

更年期障害の代表的な症状の一つとなっているのです。

 

 

更年期による髪質の変化

 

そして、もう一つ更年期の症状が現れやすい部位が髪です。

 

女性であっても髪が細くなったり、抜け毛の症状が更年期になると徐々に見えてくるのです。

 

特に分け目を中心とした髪の薄毛が気になるという女性もいます。

 

 

髪が老化する仕組みとそのサイン

 

髪が老化する仕組みは主に「血流」や「ホルモン」が関係しているとされています。

 

血液の流れは健康な髪を維持するのに非常に大切な事です。

 

血液の流れが悪くなるとその分弱々しい髪が増える事になるのです。

 

血管も老化していきますので、歳を重ねる毎にその弾力性が失われ、血流が悪くなります。

 

これは、髪の老化現象の1つである抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

 

女性の場合では「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの減少も髪が老化する仕組みと深い関係があります。

 

特に閉経を迎える女性にとって、更年期が訪れると共に、髪が弱々しく老化してしまうのです。

 

卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛の変化を及ぼす要素があるのです。

 

年齢が高齢になるにつれてどうしてもエストロゲンの値は減っていきます。

 

これは、人間の自然摂理としては仕方ない部分でもあるのです。

 

 

更年期の主な症状

 

髪の老化現象の代表格と言えば「薄毛」や「白髪」です。

 

これらは、女性・男性と性別で変わる事はありません。

 

 

薄毛

 

女性でも髪の毛が薄くなる事はあるのです。

 

具体的な髪の老化とは、まず髪のボリュームが目に見えて少なくなってくるのです。

 

これは髪の1本1本が細くなることで起こります。

 

同じ本数でもグッとボリュームが少なくなってくるのです。

 

さらに抜け毛が多くなってくると全体にボリュームダウンしてしまいます。

 

加齢による痩せ細った髪になります。

 

さらに、血行不良による栄養不足も加わって髪のツヤとボリュームが失われたままになるのです。

 

髪の老化に気がついていながら放置してしまうと、薄毛や円形脱毛症など、状況をさらに悪化させてしまいます。

 

 

白髪

 

白髪の場合は髪の色を作る働きがある「メラノサイト」という細胞が減少・弱くなる事によって起こります。

 

よく分からないという人は実際に髪を触ってみると良いでしょう。

 

チリチリしていたり、1本1本が細くなっていると白髪になっていることが多いのです。

 

カラーリングやパーマをしていないのに髪がいつもチリチリする、あるいはデコボコした感じがある人は要注意と言えます。

 

髪が老化し始めている可能性があり、そのまま放っておくと薄毛や白髪の原因になるのです。

 

髪の老化自体は避けることができません。

 

しかし、老化現象を抑えたり、改善する事は十分に可能なのです。

 

 

抜け毛や薄毛にも注意

 

頭皮に汚れが残っているような状態、あるいは皮脂が詰まっている状態では、と血行は悪くなるばかりとなります。

 

抜け毛が増えないように頭皮の清潔を保っていくべきなのです。

 

オリジナルのエイジング法でも構わないのですが、何をすればいいのかよく分からないという人は「エイジング用のヘアケア剤」を中心に使ってみるとよいでしょう。

 

シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどを一式で揃えるのもお勧めです。

 

入浴中もただお風呂に浸かっているだけでなく、指の腹で頭皮マッサージをするようにします。

 

それは、数分でも構いません、毎日続けることが大切なのです。

 

髪質を改善するならそれに加えて、育毛シャンプーを取り入れて直接的に頭皮を刺激するのも効果的です。

 

更年期による髪質の変化を防ぐ方法
ストレスが増えると、血行は悪くなります。ストレスが多いと感じるような体からのサインが出てきたら、体調も悪くなるでしょう。さらに、髪にも相当なダメージを与え続けているという事になります。ストレス増大の原因がわかればそれを排除するように努力することが大事です。戦うだけではなく、ストレスから離れてゆったりとした環境を整えるようにしましょう。女性の場合は閉経後には女性ホルモンに似た働きのある食品を上手に取り入れましょう。
そして、少しでも老化を食い止めるように意識していくことが一番大切なのです。

 

 

ホルモンバランスを整える方法

 

有名なところでは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンを毎日摂取することです。

 

大豆イソフラボンは、大豆を使用した納豆や味噌汁、豆製品を中心に含まれています。

 

納豆を毎日食べるというのが習慣づいていない人には難しいかもしれません。

 

しかし、納豆や味噌汁であれば毎日気軽に摂取出来るので更年期障害対策としてとても有効です。

 

大豆イソフラボンを摂取することで、悪玉コレステロールの量を減らして血液循環を良くすることができます。

 

さらに、血圧を下げる効果が期待できます。

 

普段の食事で意識的に摂るのも良いですが、納豆や味噌汁があまり好きではないという人もいるでしょう。

 

そういった場合は、大豆イソフラボンを配合したサプリメントも登場してます。

 

サプリで補うのも1つの手段として有効です。

 

これらの摂取で、ホルモンバランスをよくして、更年期障害を脱出するようにしたいものです。