さまざまな白髪染めの方法

アラフォー女性に必要な全てをケアするシャンプー

さまざまな白髪染めの方法

40代白髪

 

40代になると誰でも白髪が気になり始めますが、まだまだお洒落を楽しみたい女性にとって白髪染め選びはとても重要になってきます・・白髪染めは普通のヘアカラーとは少し違い、色の種類が少ないため今まで気に入っていた色がないかもしれません。

 

しかし、ヘアカラーよりも頻繁に染めなくてはならない白髪染めは髪の傷みや頭皮の健康を考えて選ばないと、パサつきや切れ毛、枝毛、抜け毛などのトラブルにつながる可能性があるのです。

 

 

白髪染と一言で言っても一般的な液体やクリームのような薬剤を使って髪の色を抜いて、そこに色を入れるタイプだけではなく、ヘナやヘアマニュキュア、最近人気のトリートメントタイプなど様々な方法があるので、自分で染める際も選択肢がたくさんあります。

 

髪の傷みが気になる人や染める準備が面倒な人は、毎日の入浴時に気軽に白髪を染められるトリートメントタイプがおすすめで、これを使うことによって髪の傷みを修復しながら白髪を目立たなくすることが可能なのです。

 

トリートメントタイプは染まりにくいと言われていましたが、最近は色の入りや種類も豊富になったため愛用者が増え、白髪染め=面倒と考える人が少なくなったようです。

 

自分に合った白髪染方法でいつまでも健康で若々しい髪をキープしましょう!

 

 

白髪染めを繰り返すと髪の毛のボリュームが減る?

 

白髪染は普通のヘアカラーよりも髪や頭皮にダメージを与えやすいと言われますよね?それによって抜け毛が増え髪も細くなるため白髪染を繰り返すことによってボリュームがなくなってしまうのです・・髪のボリュームがなくなると老けた印象になり、疲れて元気のない人に見えてしまいます。

 

好みのヘアスタイルもできなくなるため、お洒落を楽しく気持ちにもなれなくなるなど、精神的にもダメージが大きいのです。

 

 

白髪染めもヘアカラーも同じ薬剤ですが、染める頻度が白髪染めの方がどうしても多くなってしまうことで頭皮と髪への影響が大きいのです!白髪を染める年齢になると、若いころとは違い年齢からくる抜け毛が薄毛に悩む人が多くなりますが、白髪染めによって頭皮環境が悪化すると抜け毛も進行する可能性があり、出来るだけ間隔をあけて染めるなどの対策が必要です。

 

とは言っても一か月で一センチも伸びる白髪を数か月放置することは出来ませせんよね?ですから、トリートメントなどの髪と頭皮の健康を害さないタイプの白髪染めがおすすめなのです。

 

長く付き合わなくてはならない白髪染めだからこそ、その成分には細心の注意を払い健康な髪と頭皮をキープできるようなものを選ぶことが大切なのかもしれません・・

 

お得な公式サイト↓